競売物件を購入するときに注意すべきポイントをまとめました。

競売物件の特徴


一戸建て住宅の購入を考える方は多いものですが、これは人生で最も高額な買い物と言えるでしょう。そのため、誰もが慎重になってしまうものです。周囲の方に相談をすることも可能ですが、誰もが専門家ではありませんので、余計に分からなくなることも少なくありません。一戸建て住宅の購入をするのであれば、専門的な知識を身につける必要があるのです。

そこで、一戸建て住宅について調べていると、競売物件と呼ばれる物件を目にすることもあるでしょう。この競売物件とはどういった物件なのでしょうか。
競売物件とは裁判所によって差し押さえられている物件で、競売によって販売が行われています。そのため、一般的な物件と比較して特殊な販売形態の物件と言えるでしょう。

こういった物件は持ち主が債務を履行しない場合に起こるもので、民事執行法に基づいています。一般的な物件は宅地建物取引業法に基づいていますので、そういった部分でも違いがあります。それでは、競売物件にはどういった特徴があるのでしょうか。

競売物件は競売によって買い手が決まりますので、入札をしなければなりません。一般的な物件は最初から価格が決まっていますが、競売物件は最後まで価格が分からないのです。さらに、入札期間は1週間~1ヶ月ですので非常に短期間と言えるでしょう。物件の購入は慎重になるものですが、その期間が短いので注意しなければなりません。

競売物件にはそのほかにも特徴がありますが、こちらにはそういった情報を集めました。これらの情報を参考にしてください。


【一戸建て住宅の購入を検討している方向け~ピックアップサイト~】
競売物件の詳細は事前に資料でチェックできますが、原則内見はできないため、住宅の状態を直接見られないことがデメリットとも言えます。安心できる住宅が確実に欲しい方は、長期優良住宅を検討してみてください ⇒ 長期優良住宅